Wellness philharmonic Winds 規約

Wellness Philharmonic Winds

ウェルネス・フィルハーモニック・ウインズ規約

   

第1章 総 則

 (名称)

第1条 本吹奏楽団はWellness Philharmonic Winds(ウェルネス・フィルハーモニック・ウインズ)、(以下「本楽団」という。)と称する。

 (事務局)

第2条 本楽団は、事務局を加古川市に置く。

 (目的)

第3条 本楽団は、吹奏楽を中心とした音楽活動を通して、次の各号に掲げる事項を目的とする。

 (1) 吹奏楽コンクールに出場し全国大会へ出場すること。

 (2) 加古川市の音楽文化向上及び地域振興に寄与すること。

 (3) 向上心のある吹奏楽愛好者に対し、音楽活動の場を提供すること。

 (4) 本楽団の維持発展と演奏技術の向上を目指し、良質な音楽を常に提供すること。

 (5) 音楽をこよなく愛し、楽しむこと。

 (活動)

第4条 本楽団は、前条に規定する目的を達成するため、次の各号に掲げる活動を行う。

 (1) 吹奏楽連盟等の他の団体が行うコンクール、コンテスト、技術講習会及びフェスティバル等の事業への参加活動

 (2) 各種演奏会の開催と依頼公演への出演活動

 (3) 他団体との交流及び各種レクリエーション等の親睦活動

 (4) 音楽技術の向上

 (5) 音楽文化の普及と人材育成に関する活動

 (6) その他目的達成のために必要な活動

 

第2章 団 員

 (団員の資格)

第5条 本楽団の団員たる資格を有する者は、次の各号に掲げる要件を具備する者とする。

 (1) 15歳(中学校卒業)以上の年齢であり、本楽団の方針に賛同し、練習及び各種行事に積極的かつ継続的に参加する意思があること。

 (2) おおよそ3年以上の同一楽器経験者、若しくは楽器の基本的な技術を習得している者、合奏に参加するための最低限の演奏能力を有する者で、個人の楽器(打楽器はこれに含まない)を所有していること。

 (3) 本楽団の団員としての協調融和及び自覚と、第3条に規定する目的を達成するための権利義務を遂行し努力することのできる者であること。

 (4) 別に定める入団金及び団費並びに諸費用について、決められた額を期日までに納入する者であること。ただし、代表が徴収免除又は徴収猶予した場合は、この限りでない。

 (5) 本楽団以外の楽団への在籍、活動、また他団体への賛助出演については、本楽団の練習日以外で本楽団の活動に支障のない範囲でのみ行うこと。

 (6) 本楽団の団員として吹奏楽コンクールに出場できる者は、代表と技術委員会の協議、及びオーディションにより選ばれた、一定水準の演奏能力がある者とする。

 

 

  ※ 但し、高校生は原則として、「在籍校の吹奏楽部がないこと、在籍校の吹奏楽部に何らかの事情により所属していないこと、入団に関して保護者の許可を得ていること」が条件です。在籍校での吹奏楽部がある場合は、部活動に参加することを推奨します。

 

 (入団・休団及び退団)

第6条

 (1) 入団:入団を希望する場合は、代表の承認を得たうえで、入団届をパートリーダー経由で事務局へ提出する。正式入団月から団費を支払う。

   (高校生以下の場合は、保護者の承諾が必要)

 (2) 休団:長期欠席(やむをえない事情で3ヶ月以上)の場合は、事前に休団届をパートリーダー経由で事務局へ提出する事で、申請期間中の団費を免除とする。

 (3) 退団:やむなく退団する場合は、退団届をパートリーダー経由で事務局へ提出する。

受理された日をもって退団とするが、未納の団費がある場合は、全額精算したのちの退団とする。

 (4) 除名:団の規律から逸脱し、団の運営に支障を来した場合、また、演奏水準が本楽団の基準に達しない場合は、四役による協議を行い、代表の権限により除名処分とする場合がある。また、団費を3ヶ月以上滞納した場合も同様とする。

 

第3章 役 員

 (役員)

第7条 本楽団は、次の各号に掲げる役員を置く。

 (1) 代表 1名

 (2) インスペクター 1名

 (3) サブインスペクター 1名

 (4) 事務局長 1名

 (5) 会計 2名

 (6) 木管・金管・打楽器リーダー

 (7) パートリーダー 若干名

 (役員の任務)

第8条 役員は、次の各号に掲げる任務を負う。

 (1) 代表は、各役員、団員を総括する本楽団の代表責任者であり、団員について全ての人事権を持つ。

 (2) インスペクターは、楽団の活動及び運営を監理運営実務統括する。代表を補佐し、助言協力して本楽団活動の発展に導く。また、代表に事故あるときは、その任務を代理し、代表が欠員のときは、その任務を行う。

 (3) サブインスペクターは、インスペクターを補佐し、助言協力する。インスペクターに事故あるときは、その任務を代理し、インスペクターが欠員のときは、その任務を行う。

 (4) 事務局長は、会務遂行に必要な事務運営を処理総括する。

 (5) 会計は、金銭の出納、運営資金を管理する。

 (6) パートリーダーは担当パートの取りまとめ、パート内での練習の出欠の確認、団費の集金を、会計に代わって行う。

 (役員の選出)

第9条 役員は、次の各号に掲げる方法によって決定する。

 (1) インスペクター・サブインスペクター及び事務局長は、代表の指名により決定する。

 (2) その他の役員は、四役(代表・インスペクター・サブインスペクター・事務局長)が協議して決定する。

 (顧問及び相談役等)

第10条 本楽団は、顧問、相談役、音楽監督、常任指揮者、指揮者及びトレーナー(以下「顧問等」という。)を若干名置くことができる。顧問等は、本楽団に対して適切な指導又は助言を与える者で、原則として任期は1年とする。

 

第4章 会 議

 (会議)

第11条 本楽団の会議は、総会、運営委員会、技術委員会、楽譜委員会、予約管理委員会、委員長会とする。

 (総会の種類)

第12条 総会は、定時総会と臨時総会の2種類とする。

 (総会の召集)

第13条 定時総会は、原則として毎年12月に代表が召集し、臨時総会は役員会が必要と認めたとき、又は5分の1以上の団員が会議の目的事項を示し、請求した場合に代表が召集する。

 (総会の議長)

第14条 総会の議長は、事務局長又は代表が指名した者がこれにあたる。

 (総会の定足数)

第15条 総会の定足数は、現団員の3分の2以上とする。

 (総会の議案及び決議)

第16条 総会の議案及び決議は、次の各号に定める案件とし、出席団員の過半数をもって決議する。ただし、本楽団規約の改正及び本楽団の解散、残余財産の処分方法は、3分の2以上をもって決議する。

 (1) 収支決算及び活動報告の承認

 (2) 新年度予算及び活動計画の承認

 (3) その他、重要案件

 (運営委員会)

第17条 運営委員会の構成員は、四役、各委員長とする。ただし、必要により、他の役員及び顧問等は、代表の召集によりオブザーバーとして会議に参加することができる。

 (1) 運営委員会の召集は、代表が必要の都度行う。

 (2) 運営委員会の議長は、委員の互選によりその都度決定する。

 (3) 運営委員会の定足数は、構成員の2分の1以上とする。

 (運営委員会の決議事項等)

第18条 運営委員会は、次の各号に掲げる総会に附する事項以外の重要事項を決議又は協議若しくは審議する。

 (1) 活動及び運営に関する計画、実行及び評価に係る事項

 (2) 専門部の計画、実行及び評価に係る事項

 (3) 本楽団行事に係る実行委員会の設置及び計画、実行及び評価に係る事項

 (4) その他必要な事項

 (事務局会)

第19条 事務局会は事務局長が必要の都度召集する。

 (1) 本楽団の運営に関する事務全般 

 (2) 団統括の為の実質作業

 (3) 細則の運用・管理

 (4) 依頼演奏の仲介、対外活動等

 (技術委員会)

第20条 技術委員会は技術委員長が必要の都度招集する。

 (1) 技術委員会は、音楽監督又は常任指揮者、若しくは代表の指導の下、演奏技術に係る事項を審議する。

 (2) 練習内容等の企画

 (3) 選曲会議の企画、招集

 (4) 団内技術向上補佐全般

 (5) 入団希望者に対するオーディションの実施

 (企画委員会)

第21条 企画委員会は、企画委員長が必要の都度召集する。

 (1) 定期演奏会、コンクールの運営、その他演奏会の運営、企画

 (2) 各種イベント、レクリエーションの企画・運営

 (3) 上記に付随する庶務、対外業務全般

 (広報委員会)

第22条 広報委員会は、広報委員長が必要の都度招集する。

 (1) 演奏会の宣伝・媒体作成

 (2) ホームページ、SNSの更新等を通して、団活動の広報

 (3) 集客活動全般

 (4) 団員募集等の広報活動

 (5) 演奏会等の後援申請等

 (楽譜委員会)

第23条 楽譜委員会は、楽譜委員長が必要の都度招集する。

 (1) 指揮者用のスコアの作成、手配

 (2) 各パートへの楽譜の手配

 (3) 楽譜管理、所有楽譜のデータ化及び管理

 (4) 楽譜に関する管理全般

 (楽器・予約管理委員会)

第24条 楽器・予約管理委員会は、楽器・予約管理委員長が必要の都度召集する。

 (1) 練習会場の予約

 (2) その他、練習場所の確保に関する諸業務全般

   (練習場所予約・結果周知・団体登録等)

 (3) 団所有楽器及び楽器倉庫の管理

 (4) 借用楽器の手配

 (5) 楽器運搬に関する手配等

 

第5章 会計及び資産の管理

 (会計)

第25条 本楽団の活動に要する費用は、団費、入団金、行事収入、補助金、寄付金、謝金及びその他の収入をもって支弁する。

 (会計年度)

第26条 本楽団の会計年度は、毎年1月1日に始まり12月31日に終わる。

 (団費及び入団金等)

第27条 団員が支弁しなければならない費用及び金額は、次の各号に定めるものとする。

 (1) 入団金:2,000円

 (2) 団費(月額) 月額:社会人3,000円 大学生2,000円 高校生1,000円

 (3) 団費は正式入団した月から納入することとする。納入は、翌月分の団費を当該月末までにパートリーダーへ手渡すこととし、納入を以って翌月の練習に参加できることとする。

 (4) 納入された団費は本楽団の運営の為正当に管理される。尚、納入された団費は団員にいかなる事由が生じても返納することはない。

 (5) 団費は楽団運営の為の経費(謝礼金、会場費、事務費、楽器維持費、楽譜代等)に使用する。

 (6) 臨時の会費(コンクール・定期演奏会等)については、運営委員会で検討し決定する。

 (7) その他の費用 前号に掲げる費用以外の費用で、必要により代表がその都度定める額。

2 代表は、前項の規定にかかわらず、本楽団の収支状況、団員の経済的状況及びその他の事情を考慮し、徴収免除、徴収猶予及び金額の減免を行うことができる。

 (資産の管理)

第28条 本楽団の資産は、代表が管理する。その管理方法は運営委員会の審議を経て代表が定める。

 

第6章 雑 則

第29条 本楽団規約の施行に必要な細則は、運営委員会の審議を経て、代表が定める。

 

 

 附 則

 本楽団規約は、平成29年9月30日から施行する。

© 2017 Wellness Philharmonic Winds All rights reserved.

  • Facebook Basic Black
  • Twitter Basic Black
  • Black Instagram Icon